なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かでどうにかこうにかしています。

MENU

携帯電話のキャリアをUQ mobile から mineo へ乗換えた話

大手キャリアから、格安キャリアへ移動すると、よくあの大手キャリアの金額を黙って払っていたなぁ、と思う。
そのくらい携帯料金が安くなった。

www.kurage.online

 UQモバイルを使っていた。


端末は少し前話題になったhuaweiを使用していた。『していた』と、過去形なのは、使用し始めて一年半を過ぎた辺りから、バッテリーが死んで端末を変更したから。調子が良いときは、電池残量4%くらいまで使えるのだけど、そうでないと残量40%くらいからシャットダウンと再起動をくり返し、そして気付くと一人で息絶えている、という状態がよく起こっていた。

端末自体はとても使いやすくて良かったと思っている。個人情報抜き取られるとか、なんかいろいろあるようだったけど。

お金ないんでその中でも試行錯誤しながらhuaweiを使っていたら、同居人が昔使っていたというau縛りのiPhoneをくれた。6らしい。
初めてのiPhoneということで喜びつつ、UQへsim変更依頼をし、使えるようにした。
(アンドロイドとiPhoneはsimが違うので、変更しなくてはいけないらしい)

問題なく使っていたところにUQからメールが。

それは3年目以降の料金。

UQって1年目はすっごく安くて、2年目はそれから千円上がって、それ以降は毎月4千円くらいかかるのねぇ。さらに最初の2年はデータチャージがいくらか無料になるオプションがあるのだけど、それも無くなってしまうし。

大手キャリアのように、この値段からこれするとこれが安くなって、何年は割引があって・・・みたいな契約内容にちょっと疲弊してしまい、2年契約縛りが切れるタイミングで、au端末が使えるmineoに乗換えすることに。

au端末ってUQかmineoしか使えないからmineoにしただけなのだけど、これがとてもよかった。

 

とにかく安い。

UQのピッタリプランMだと3年目から4000円くらいかかるのだけど、マイネオだと、6GBで2300円くらい。

それに契約内容が本当にシンプル。

あとUQのターボ機能ON/OFF機能が気にいっていたのだけど、マイネオにもその概念があって、UQ同様アプリで簡単に切り替えできる。
マイネオでいう節約スイッチをONにすると、契約しているギガ数が減らないので、どうでもいい動画を見るときは切り替えてる。通勤中にYou tube流したりしているのだけど、そういったときは節約モード。
それ以外は契約したギガを消費する、通常のモードにしている。

あとは契約がスムーズだった。
秋葉原支店に行って変えてもらったのだけど、だいたい1時間くらいで乗りかえれる。
変なオプション勧められないし、本当に感動した。

よく聞かれる読み込みスピードなのだけど、お昼休みは混むのか、やっぱり読み込みに時間がかかる。
お昼休みに画像が多いサイト(楽天やZOZO)を見るのはちょっと諦めたほうがいい。

まとめサイトのような文字数多目のサイトは、遅くても見れる感じ。
私個人としては気にならないレベルの遅さだけども、一分一秒を大切にしている人はつらいかも。また、私は携帯ゲームを全くやらないので携帯ゲームについてはわからない。

私個人が思うに、この値段で使えるのなら全く不満は無い。
変えてよかったなぁ、としみじみ思う。

 

では

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

【スポンサーリンク】