なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かをどうにかこうにかしています。

MENU

服を買うか、買わないか。

歳のおかげか、おかげ、という表現でいいのか悩むのだけど、何着てもそれなりに似合うということがなくなった。
服を選ばなければならぬ。

f:id:nakenashi_kutage:20181021222228j:plain

この事実が、私の無駄使いをストップさせる。
これ、なんとなくいいな、と思って手を伸ばしても実際着てみたら似合わない、そんなことがとても多くなった。なので買い物に試着はつきもの、正直元気があるときしか買い物へ行けなくなってしまった。

だらりとした日々を続けてきたけれど、服を選ばなければいけない問題は、クローゼットにもはびこっている。おちついて週末にクローゼットを見てみたけれど、あらまぁ、1/3はダメそうだ。
ここで悩むは、例えば膝丈のフレアスカート。膝丈が今の流行にあっていないからいけてないのか、はたまた歳のせいで似合わないのかわからない。


オシャレしたい気持ちも断捨離していれば、きっと問題なく残していただろう。
だけども私はそれが出来なかったから、こうして苦しんでしまう。
ああ、だれかか、1000万、私の口座に振り込んでくれたら、その中の10万円くらいを使って、秋冬服を買うのに、のこりは株や投資に使うのに・・・、などと、時間の無駄使いの代表と言えるようなことをして、少し気持ちを落ち着かせる。

それで、捨てるか捨てないか悩むものは、お悩み紙袋を作ってそこへ入れておくことにした。
朝、来て行こうかな?そう思って手は伸ばすけれど、実際は着なかったスカートたち。
お気に入りだけど、着すぎて寿命が過ぎているような服、そういったものをお悩み紙袋へ入れた。

さて、困ったことに自分が思った以上にお悩み紙袋に服が移動してしまって、普通に会社に来ていく服、たりるかなぁ?というレベルまできた。
買わねばならぬが試着が面倒。それに今、微妙な気温の毎日、この時期って本当に短いから、服が充実していなくって、単純にマジで服無いってだけの可能性もある。

足りないから買お~なんて、簡単に買ってはいけない
捨てる時の悩む労力を考えると、無責任に買いたくない。

買おうかなぁ、服かおうかな、どうしようかなぁ。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

【スポンサーリンク】