なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かをどうにかこうにかしています。

MENU

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 8 マスカラ

 先日ネットをウロウロしていたら、こんな記事を見つけた。

 

togetter.com

 ”普通の女に擬態して生きること”の地獄、とは、なかなかいい表現で。

私も社会不適合者なのでものすごくわかる、ものすごくわかる、表現で。
とにかく”普通の女”が羨ましい。私は”普通の女”では無いから、同調圧力のあるこの社会ではとてもとても生き辛い。
人の意見など気にせずに生きていけたら良いのだけども、そんな度胸も無く、”普通の女”に擬態して生きることのほうが楽なのかな、なんて思って私も生きている。

 

「ダルちゃん」の漫画を読んでみて(ネットで無料で上がっているので是非呼んでほしい)、そのねじくれてしまった感覚が、ものすごくわかって、私はなんともいえない自分の人生の空っぽ具合に虚しくなった。だけども、私みたいな女性って、サイレントマジョリティーだったりするのかな、とも、togetterをみて思った。
「女の敵は女」とも言うけれど、声に出さない窮屈さを、知らないうちに、相手にも求めてしまっているのかも知れないね。
「私だって我慢しているんだから、あなただって我慢するべき」
なんてねぇ。

 

くだらないけど、それと戦う度胸も無くって、こうやって自分の大切な価値観を失って、時間を消耗していくのかなぁ。

 

だけども、私は化粧やオシャレは好きだから、女性として生きるという無意識に近いジェンダー感に違和感を感じる人よりは、楽に”普通の女に擬態して生きること”が出来ているのかもしれない。

 

というところで、今日もコスメの記事書きます。

マスカラです。
以前こんな記事を書きました。

www.kurage.online

 このときはCANMAKEのマスカラを使用してた。

このさ、このときはこれで満足してたんだけど、安さで選んだよねっていうビジュアルが、こう、違和感で。黒すぎる色もなんか、まぁ気になって。
一番ダメだったのが、ブラシが、ブラシのカーブが私の目にあわない。
使いずらいなぁ、でも安いしなぁ、って感じで、3本目使い切ったときに、変えましょうとなりまして。

新しいマスカラはこちらです。

一緒にアイライナーもとってみた。
ハサミは大きさ比較です。

f:id:nakenashi_kutage:20171204230822j:plain

 これがね、あの、ブラウンなんですよ。

 

マスカラをブラウンにするのって、10年前だったら考えられないよね。
あの頃は黒々のばさばさの、存在感ある睫毛が結構人気だったからねぇ。
少し前の時代から、いきなり登場したブラウンマスカラに遂に手を出しましたよ。
ちなみにアイライナーは結構前から濃ブラウン。

f:id:nakenashi_kutage:20171204230851j:plain

アイライナーを1年半くらい前に、何となく、本当に何の考えも無くブラウンにしてみたら、なんか目になじむ。違和感が無い。それでずっとブラウンを使ってた。
だからきっとマスカラもいけるよねって、いきなりブラウンにしてみた。

そしたら合う。違和感ない。

あと高いだけあって、使いやすいしだまになりにくい。
ブラシの大きさも、カーブもいい感じ。

f:id:nakenashi_kutage:20171204230913j:plain

 

あとね、これ、睫毛ケアも出来るらしくて。
期待してなかったんだけど、2Wたった辺りから、なんかフサ度が増してるんですよ。
さりげない感じでフサ度増してるんです。

睫毛一本一本元気になってる気がする・・・・!

って事で、幸せになりました。

 

まぁ、マスカラ自体も値段を考えると、単純に高くはなったけどねぇ。

今のところのお気に入りでした。

 

では。

 

 

私が購入したのはこれ。

いやぁ、凄いいい感じ。
前の倍以上の値段だもんねぇ。

こういった細々したものは楽天で買ってる。
送料かからないことが多いし、ポイントが沢山つくからねねぇ。

モテマスカラは沢山バリエーションがあるので、調べて見ると楽しいかも。

flowfushi.com

答えはすべて、ここにあるそうです。

 

ちなみにアイライナーはこちら

 

筆、めっちゃ使いやすい。
フローフシさんがんばってるねぇ。沢山CMしてたもんね。
ネイビーブラックを使ってたこともあったんだけど、
確かにスタイリッシュでものすごくかっこよかったんだけど、死ぬほど肌浮きしまして、似合わなくて、
使い切ってからブラウンにチェンジ。
これが良かったらしく。黒っぽいブラウンで使いやすくてお気に入り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

【スポンサーリンク】