なけなしのくらげ

くらげはいつもなけなしの何かをどうにかこうにかしています。

MENU

2016年買ってよかったものの一つ、スーパーお気に入りのお財布

だんだん自分の所有するモノが少なくなると、手ぶらで出かけたくなるものだ。

手ぶらじゃなくても、持ち歩くモノは薄く、小さく、軽くしたくなる。


昨年、何となくネットをウロウロしていたら、ペーパーウォレットなるものを見つけた。

そのとき自分が使っていたお財布は、使いやすくて、皮もいい感じの色に育ってきたものだったけど、いかんせん分厚くて(だけどやっぱり色々物を入れやすいから使いやすかったけど)、薄っぺらっぽいペーパーウォレットに惹かれた。ペーパーウォレット自体はそんなに高価なものでなかったから買ってみたら、コレがものすごく良い。

だから今日は、私が本当にお気に入りのお財布を紹介しよう。

 

f:id:nakenashi_kutage:20170205173817j:plain

これ。↑

公式サイトから引用

Lixtick Paper Wallet (ペーパーウォレット)はデュポン社の開発した画期的な特殊紙材を使った財布です。耐久性に優れ、突き刺しに強く、角ばった物や尖った物を入れても破損しにくく穴を開けても強度が落ちないので簡単に破れることもありません。また耐水性にも優れているため、ポケットに入れて汗をかいたり、テーブルの上においていてドリンクをこぼしたり、誤って水の中に落としてしまっても大丈夫です。収納においてもカードやお札などを入れる量に合わせて厚みが変化するので、コンパクトなのに十分な収納力もあります。 

    LIXTICK PAPER WALLET - Diddy by YU NAGABA | LIXTICK

凄く使いやすい!
紙だから薄くて軽くて使いやすい。

f:id:nakenashi_kutage:20170205174231j:plain

開くとこんな感じで、左右にカード入れがある。
ここにクレジットカードやスイカやEdyを重ねてラフに入れている。かれこれ三ヶ月以上使ってるけど、磁気に不具合は出ていない。

 

f:id:nakenashi_kutage:20170205174358j:plain

上から見るとこんな感じで、お札入れは二つに分かれてる。
私は手前はレシートやら、スーパーのカードやらを入れていて、後ろがお札入れとして使ってる。

紙の柔らかさのおかげで、結構開く。使いやすいの一言。

それで小銭入れはどうしてるのかっていうと、別に持ってる。

f:id:nakenashi_kutage:20170205174710j:plain

右が元々ついていた小銭入れ。かわいいし薄いんだけど、いかんせんコレが、サッと小銭を出せない。私は買い物はほとんどカードor Edyなんだけど、一番使ってるスーパーが、「現金払いで会員は3%オフ」って言うのを常時やっているから、ソコではどうしても現金払いしたい。だから小銭を出しやすそうなコインケースを100均で買ってきた。
そのスーパーさえなければ、付属のコインケース使っていたなぁ。
あ、でもこの100均のコインケース、めちゃくちゃ使いやすいから買ってよかったかな(笑)。

 

横から観たところ。f:id:nakenashi_kutage:20170205175307j:plain

一番下が、今まで使っていたお財布。
結構分厚いね、小銭とか入れてなくて、デフォルトでコレだけ分厚かった。
でも大きなバックの中では、この分厚さゆえすぐに見つかるから、それはそれで楽だったけど。

f:id:nakenashi_kutage:20170205175518j:plain

今は、この上の二つ、ペーパーウォレットと100均のコインケースを使ってる。
分厚さ的には今までのとおんなじくらいになってしまったかな?でもスーパーに行くとき意外は基本ペーパーウォレットだけだし、不満は無い。

あととにかくデザインがかわいくって気にいっている。

昔はお財布は「フェンディ」だの「シャネル」だの「グッチ」を使っていたこともあったけども、そしてそれはとっても素敵だったけど、今のこのお財布はそれに負けないくらいお気に入り。
とにかくかわいくって使いやすいから、お勧めします。

 

いろんなデザインがあるので好きなものを選べるよ。

[rakuten:gameclothing:10011298:detail]

[rakuten:gameclothing:10010268:detail]

今お買い物マラソンやっているから、楽天でもいいけども。

 

私はアマゾンで購入した。

 アマゾンと楽天だと取り扱っているデザインが違うから比べて見るといいかも。 

 

↓本家サイトを一度見てみるのもお勧め。

www.lixtick.com

 この↑の柄にするか、ものすごく悩んだナァ・・・・。

 

 

 

では、また。

 

 -----------追記 -----------

実際使ってみて汚くなってきたので補修をしています。
こちらの記事もどうぞ

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 3

高いコスメも、安いコスメも同じほぼ同じ成分だと話題になった。

 

togetter.com

 

結局は土台が全てっていうところは皆どこかでは知ってて、だけども、例えば、今から私が化粧や服にお金と時間をかけて、さらにジムに行って引き締まった体にしても「絶世の美女」になることは出来ないんだけど、「洗練された人」とかにはなれるわけだ。

ということで、ミニマリストに憧れるくらげは、それなりにこだわって、好きなコスメを手元に残しているんだけど、今日は、また、性懲りも無くコスメを紹介しちゃうんだな。

 

今日はチーク!
(写真ぼけちゃってるけど・・・)

f:id:nakenashi_kutage:20170203212532j:plain

左奥: 20
左手前:BOBBI BROWN チークブラシ
右:BOBBI BROWN Shimmer Brick, Wild Rose

 

THREEのチークは現行使っていなくて、捨てようかなぁと考えているものだから、今日はBOBBIの方をメインに紹介。
開くとこんな感じ。

f:id:nakenashi_kutage:20170203212536j:plain

シマーブリックは一時期大ブームになったから、名前を聞いただけでどんな商品かすぐにわかる人多いんじゃないかな?この微妙な色が混ざって、いい感じのラメ感も手伝って、頬にのせるとめちゃくちゃ綺麗なんだな。

THREEもかわいいんだ、マットなピンクで。いや、いいんだけど、実際、シマーブリックつけると、よく「肌が綺麗」とか「ツヤ感が綺麗だね」とか老若男女にほめられるもんだから、もうもっぱらBOBBIを使っている。

f:id:nakenashi_kutage:20170203212541j:plain

うん、綺麗なラメだね。

 

これ、チークにしてはお高い値段設定だと思ってる。。

[rakuten:thebeautyclub:10064567:detail]

だいたいチークの値段ってこのくらいってイメージでいるから。↓

 

最近のプチプラコスメはとってもかわいいものがあるのを知っている。お金の無いときは私もキャンメイクのチークを買ったりしていた。

ちなみに巷でプチプラコスメと言われたら、このくらいの値段を指すんだと思ってる↓

冒頭に出てきたトゥギャッターどおりに、高いコスメと安いコスメが9割一緒の成分だとして、それで、なんで私がそれでも結構高い化粧品(今回のチークに限らず今までに紹介してきたファンデとか)を使っているのかというと、それでもそのいわゆる違ってくる一割の差が、「たかが一割、されど一割」って感じで、結構大きな差に思える。
私はお化粧直しなんてしないから、会社のトイレでパッケージを「どやぁ」って出してマウンティングしたりしない。そのために高いコスメを買っているわけじゃない。
絶妙な色や、ちょうど綺麗に見えるラメの量とか、粒子の大きさとか、そういった細かい調整がされている感じがして、ちゃんとデザインされてる。パッケージだけでなくそのコスメの色そのものが。

 

ちなみにデパートコスメ(デパートで売っているブランドコスメ)はカウンターに行ってBAさんにお願いすれば、色んな色を試してもらえるし、アイシャドウや肌の色に合わせてお勧めの色を教えてもらえる。その分が値段にのっているから高いわけだ。
だからデパートコスメ買うなら、ネットで買わずにカウンターへ行くのがいいんじゃないかって、せせこましい考えをしている。単純に、私は綺麗になって皆にちやほやされたいから、BAさんのアドバイスを聞きたいだけだけど。


ああ、THREEのチーク捨てようかな?
なんかもう使い始めてから一年以上たってるような気がするし。。。



ミニマリストへの道は遠い。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

 

nakenashi-kurage.hatenablog.com

 

ミニマリストになりたいくらげのコスメ類の話 2

綺麗になりたい、そんな女の子の欲望は、全然断捨離できないくらげです。

ちなみにもう結婚していてもいい年なんですが、全然そんな気配がないというのをまずお伝えしたい。

さて、前回の記事でくどくどコスメのミニマム化とそれをするのは結構女性からしたら大変なんだよ、という言い訳がましいことを書いたような気がしている。
そんな流れで今日は下記記事の紹介を。

anond.hatelabo.jp

 

顔面ボーナスという言葉がどのくらい世に広まっているのかはわからないけど、言い得て妙な表現だな、と思う。女性でもわかる(もしくは女だからわかるのか)、とにかく顔のいい女は得をする。
だからやっぱり美容にお金をかけてもいいのかもしれない、もし研究者になりたいとか、そういったやたら時間を必要とする夢が無い限り、とりあえず中身なんかより、見た目を最初にみがいたほうが得をする。異論は認める。

上記の記事は結局、顔面ボーナスで得して努力してこなかった女より、中身がある女のほうがいいというお話だ。だけど、まず美人で無ければ近づこうともされない。美人は色んなヤバイヤツにお近づきになりたいと思われるから(ボーナスにより起こることはいいことばかりではない)そんな皆にニコニコしない。もしそんなことしたら他の女から叩かれる。さらに、本人が仲良くなりたいと思う人と仲良くすれば言い訳で、勝手に話しかけてきた人と仲良くする必要は無い。まぁ、なんだ、ひがみくさい記事だとは思う。だけど、そう考えてしまう理由はわかる。見た目が原因で生まれるコンプレックスは多いだろうから。特に学生時代。私もそうだから。

 

必然か、どうかわからないけど、女性は化粧をする。ある程度は社会に出たら、マナーだとして、化粧をすることを求められることも多かろう。
私は化粧が好きだから問題ないけど、嫌いな人からしたら苦痛でしょうがないともう。
例え仕事を頑張っていても、ウェイウェイ系の営業から「でもあいつブスだからさぁ~」と言われることもあるだろう、そのくらいよく分からない男性もいる。※女性もいる。

私は着ている服や体系や仕草からか(つまり顔じゃない)男性に甘やかされることが多い。じゃあ、私が幸せかと言ったらそうじゃない。多くの場合甘やかされない女性からは、ネチネチ嫌味を言われる。だいたいそういう嫌味の主語は「わたし」ではなく、「常識的にいえば」とか「みんな」だったりする。

ビクトリアシークレットのモデルくらい美人だったら、また違ってとても幸せなのかな?と思ってネットをうろうろしてたら、この動画を見つけた。


【TED】ルックスだけが全てじゃない。モデルの私が言うんだから信じて/キャメロン・ラッセル(日本語字幕)

 キャメロン・ラッセルは自身が「遺伝子の宝くじ」に当たったと認めている。
で、得をしているのですが、下記のようなことを語っています。

 

 「私は運が良かったからこんなに得をした」

その一方こう付け足すのは簡単な事ではないのです。

「だからといっていつも幸せなわけではないの」

 

まあ、見た目によって人からの評価は変わるだろうケド、それは幸せを決定付ける絶対的な要因ではないんだろうね。いくつかあるうちの一つにはなりえるかも知れないけれど。

 

と、またクドクド書いてしまった。
結局何を言いたいかというと、まぁ、コスメの紹介しますよっていう。
したいよ、っていう。

今日のアイテムは、眉毛を染めるものです。

眉毛の整え方の一つの方法として、抜いたり、カットしたりではなく染めるやつを。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230909j:plain

 昔は眉マスカラを使って髪の毛の色に合わせた眉の色にしていたんだけど、やっぱり男性(もしくは化粧にこだわりの無い女性)から見ると、眉にマスカラ塗ってるのって不自然らしくて「くらげさんは、眉毛に何か塗ってるの?」と聞かれたことがある。

こちとら髪の毛と眉毛の色を合わせて自然に見えるようにしているのに、それがかえって不自然に見えてたなんて本末転倒である。
それで眉を脱色するアイテムを買って使用し続けてるんだけど、コレがとてもよい。

上の箱のものを使っている。
開くとこんな感じ。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230918j:plain

中身を出す。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230922j:plain

左から説明書と箱/クリーム/粉/クリームと粉を混ぜるための台紙とスパチュラ

結構こじんまりしてる。
クリームと粉を2:1の割合で混ぜ合わす。

f:id:nakenashi_kutage:20170122230925j:plain

よくまざったら眉毛に乗せて何分か待つ。
私は髪の色によって変えてるけど10分~15分。
(時間が長いほど色が明るくなる)
あとは水に流して終わり、私は大抵お風呂に入る前にやるから、その後洗顔してます。

こうやって眉毛を染めて、便利だな、と思うのが

  1. 眉マスカラを毎朝つけなくてよい(時短)
  2. 眉マスカラをそもそも買わなくてよい(節約)
  3. 眉マスカラより自然
  4. 3Wに1度くらいやればいいので楽

ということ。

自然だし楽だし、眉の色を明るくするだけでグッと垢抜けるのでお勧めします。

 

では、また。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ